神田ふくしま歯科では、通常の歯科医院ではあまり行っていない治療を格安料金で行っています。インプラント、矯正、再生治療、審美歯科、歯周病治療などの先端治療をなるべくお安く提供させていただいております。

神田ふくしま歯科ブログ

神田ふくしま歯科の治療説明 最先端の歯科治療をリーズナブルな価格で

しみにくいホワイトニングをご存知ですか?

ホワイトニングを経験された方の2〜3割の方が知覚過敏を感じられているようです。もちろん重症の知覚過敏の方はほとんどいらっしゃいません。しばらくすると痛みが落ち着きます。

ただ、お痛みがあるのは嫌でしょうから、ホワイトニングをもうやりたくないと考えていらっしゃるなら、第3世代のオフィスホワイトニングをお試しいただくことをお勧めします。Tionというホワイトニング剤です。

第3世代のオフィスホワイトニングは低濃度のホワイトニング剤を触媒を使用して分解するため、知覚過敏が起きにくホワイトニングです。

今までオパールエッセンスというホームホワイトニングが痛くてできなかったというスタッフもこのホワイトニングは問題なく行えました。ご存じない方はご参考になさってください。

神田ふくしま歯科ブログ 歯の長さをそろえる審美歯科治療

歯ぐきを整えて歯の長さをそろえることが審美面で大切です。

 

歯茎の位置によって歯の長さが左右対称に見えないことがあります。

神田ふくしま歯科では、そういう時、歯茎の位置を修正することができます。

格段に見た目が良くなります

 

 

治療例1 歯が短い場合

修正前
 
修正後1週間
 

歯の長さが短く、左右の歯が非対称なので見た目に審美的ではありませんでした。歯茎を整形して、歯の大きさを左右で揃えました。

 

治療例2 歯が長い場合

治療前
 
治療後 1か月
 

全体的に歯茎が痩せて歯が長くなってしまいました。

歯茎を再生させて元の長さに戻しました。

前歯は仮歯に替えて、歯茎を漂白しました。

神田ふくしま歯科の歯を抜かない歯科治療

歯を抜かずに残すには

当院には歯を抜くと言われた方が、何とか残せないかということでご来院いただ区場合があります。

深い虫歯や、歯にひびが入ってしまった場合、歯を抜くと言われることがあります。

何とか残す方法を紹介いたします。

 

もちろんすべての歯を残せるわけではありません。ただ、残せる歯を抜くと言われてしまうことも多いです。

 

ゴムで引っ張る方法 (小矯正治療)

歯を残す ゴムで引っ張り出しているところ

深い虫歯や、歯が折れてしまった時は、歯の根っこをゴムで引っ張り出す方法で、歯を抜かずに済むことがあります。写真は、事故で歯が折れてしまったところを歯茎の外にゴムで引っ張り出しているところです。前歯ですが、表面に仮歯をつけているので、見た目にはほとんどわかりません。

歯が折れてしまっていますが、何とか抜かずに残します。

前歯を仮歯に換えて裏側にゴムで引っ張り上げる装置を入れました。歯を残せるようになりました。

歯を残す装置のお値段¥52,500-(込)保険外治療

 
 

外科的に引っ張り出す方法 (歯冠長延長術)

歯茎の中まで虫歯です。

このままでは歯の治療ができません。

従来では歯を抜いていました。

歯茎とあごの骨を整形して、歯を引っ張り出しました。

歯茎を糸で縫っていますが目立ちません。

 神田ふくしま歯科

03-3251-3921

根の治療を行う時に使用するラバーダムについて

ラバーダム

 

根っこの知用をする際、唾液が入らないようにするために防湿乾燥をします。

 

唾液の中には数多くの細菌が正常の方でも生息していますので、唾液が、根っこの治療中に根の中に入ってしまっては滅菌できません。

 

通常の保険治療では、ロールワッテという綿で歯を挟んで、唾液が入らなくしています。

 

完全に唾液の封鎖と滅菌を行う場合は、ラバーダムと言って、歯にゴムのシートを張り付けて、歯の中と口の中を分離します。

 
ラバー
ラバー

歯にゴムをかけて、歯だけを口の外に出します。

強いお薬を使用したりしますので、より安全です。

 

金属のクランプという器具で歯を挟みますので少し違和感があるかと思いますが、すぐに慣れていただけると思います。

 

ラバーダムを使用する場合、歯の厚みが必要です。

もしも歯が虫歯等で少なくなっている場合は、歯を補強してからラバーを使用しますので、通常より少し時間がかかります。

 

ラバーはゴム製ですので、ゴムアレルギーの方はあらかじめお伝えください。

 

無料カウンセリング

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

神田ふくしま歯科では差し歯の歯茎が下がった場合の歯茎の再生治療を行います。

差し歯の歯茎が下がってしまうことがあります。特に前歯の歯茎が下がってしまうと見た目が悪いため、差し歯の交換を希望される方がいらっしゃいます。

 

差し歯の歯茎が下がった場合、通常の歯科医院では、下がった歯茎の位置に合わせて差し歯を作り直しますので、長い差し歯が入ってしまうことになります。

神田ふくしま歯科では、そのまま差し歯を交換するのではなく、まず下がってしまった歯茎を元の状態に回復させてから差し歯の交換をいたします。歯茎を元の状態に回復させる方法は歯茎の再生治療を行います。

 

f:id:sirayuri30:20140310154004j:plain

前歯の歯茎が下がってしまった差し歯の治療前の状態

f:id:sirayuri30:20150527161157j:plain

歯茎の再生治療後にオールセラミックという素材の差し歯を利用して治療した状態。

八重歯の長さも含めて歯茎の位置が元の位置に戻っています。差し歯の長さが長くならないで済みました。

 

ただいま、歯茎の再生治療や審美歯科治療をご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス

0120−25−1839

03−3251−3921