神田ふくしま歯科では、通常の歯科医院ではあまり行っていない治療を格安料金で行っています。インプラント、矯正、再生治療、審美歯科、歯周病治療などの先端治療をなるべくお安く提供させていただいております。

神田ふくしま歯科ブログ

神田ふくしま歯科の治療説明 最先端の歯科治療をリーズナブルな価格で

歯のひびは金属の土台が原因の場合もあります。

歯の根っこにひびが入ってしまうケースに神経を抜いた歯の場合があります。神経を抜いた後にコアと言う土台を入れます。この土台を入れる時に問題になるのは、歯の根っこの内部を大きく削ってキンン族の土台を入れる場合です。

歯の神経を抜いた歯の多くは差し歯の治療となりますが,この時に金属の土台を入れる治療をする事があります。金属の土台は歯型をお取りしてから入れる事になりますので、型取りが引っかからないようにまっすぐに先まで見えるように削ります。そのため,少し大きく歯の内部を削る必要な場合があります。

歯の根っこは厚みが薄いとわれやすくなりますので、金属の土台が太い物が入っていると結果的に歯の根っこが薄いと言う事になります。

歯の根っこを削らないためにはファイバーの土台を直接お口の中で固めるファイバーコアと言う方法があります。最小限に歯を削って直接お口の中に土台を入れるので歯を薄くしないで済みますので、基本的にこちらの方法をお勧めしております。

お問い合わせ
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス
0120−25−1839
03−3251−3921
mail:hiroshi-fukushima@castle.ocn.ne.jp

歯並びが悪いと歯周病になります。

歯周病と歯並びの関係

歯並びが悪く、歯が重なっている場合、歯と歯の間の骨が非常に薄く、歯周病にかかると非常に進行するのが早いという特徴があります。

 

ある先生は、「八重歯のおばあさんはいない」という格言があるように、歯並びが悪いことは歯周病を悪くする原因になる。と言ってます。

 

歯と歯が重なっていると歯磨きができないのに加えて、歯石がついてしまった場合歯石を取ることも難しくなりますので、歯周病が進行しやすくなります。

 

そのため、歯周病の治療をする場合、歯が重なり合っている部分を、矯正治療などで、歯並びの改善をすることが必要となります。

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

根の治療を行う時に使用するラバーダムについて

ラバーダム

 

根っこの知用をする際、唾液が入らないようにするために防湿乾燥をします。

 

唾液の中には数多くの細菌が正常の方でも生息していますので、唾液が、根っこの治療中に根の中に入ってしまっては滅菌できません。

 

通常の保険治療では、ロールワッテという綿で歯を挟んで、唾液が入らなくしています。

 

完全に唾液の封鎖と滅菌を行う場合は、ラバーダムと言って、歯にゴムのシートを張り付けて、歯の中と口の中を分離します。

 
ラバー
ラバー

歯にゴムをかけて、歯だけを口の外に出します。

強いお薬を使用したりしますので、より安全です。

 

金属のクランプという器具で歯を挟みますので少し違和感があるかと思いますが、すぐに慣れていただけると思います。

 

ラバーダムを使用する場合、歯の厚みが必要です。

もしも歯が虫歯等で少なくなっている場合は、歯を補強してからラバーを使用しますので、通常より少し時間がかかります。

 

ラバーはゴム製ですので、ゴムアレルギーの方はあらかじめお伝えください。

 

無料カウンセリング

神田ふくしま歯科

03-3251-3921